医療法人社団泰平会 佐藤クリニック

外科、内科、整形外科を中心に 「かかりつけ医」 として、
患者様の幅広いニーズに応えるべく、きめの細かい医療を目指しています。

お気軽にお問い合わせください  087-885-0105

医師・スタッフ紹介

ごあいさつ

副院長 佐藤剛平

昭和44年2月1日当地にて開院以来、地域の「かかりつけ医」として地域の皆様に愛されてきました。
現在は外科、内科、整形外科を中心として幅広い医療を提供しています。特に痔の治療には力を入れており、現在までに1,000例以上の症例を診てきました。
当院では可能な範囲で日帰り手術を行なっております。
他にも局部麻酔による手術や鼠径ヘルニアの手術なども行なっています。

「かかりつけ医」ということもあり、診察科目以外の事を相談される患者さんもいらっしゃるため症状によって基幹病院への紹介も行なっています。

経歴
昭和31年1月9日生まれ
昭和55年京都大学医学部卒業。
京都大学外科学教室に入局し、関西電力病院外科、京都大学医学部第1外科、医療法人社団貴順会吉川病院外科(医長)に勤務。
関西電力病院勤務中は、麻酔科、整形外科、胸部外科での研修も行い、
大阪警察病院、災害救急外科で救急医療も学ぶ。
大学勤務中は、乳ガン患者を中心に、癌の再発、転移に対する化学免疫療法の治療、研究を続け、乳癌専門医療機関である児玉外科(京都市)にて研鑽を積んだ。
平成11年2月、佐藤クリニック副院長として着任し、現在に至る。
医学博士。 

副院長 佐藤剛平イメージ

院長 佐藤泰正

経歴
大正12年9月25日生まれ
海軍機関学校を経て、昭和25年に岡山大学医学部を卒業。
国立早島診療所、日立造船因島病院外科、岡山大学医学部第2外科(講師)、香川県立中央病院外科に勤務、香川県中央病院では外科部長として、主に胃の手術を中心に数多くの手術を執刀。
昭和44年2月、佐藤外科医院(現佐藤クリニック)を開院。
医学博士。

院長 佐藤泰正イメージ

看護師・医療科

私たち看護スタッフは総勢16名からなり、『温かな手と心で、自らを考える看護』を独自の理念とし、地域の人々に信頼され愛される医療機関となることを目指しています。